学費 払えない

大学の学費が払えない。学費滞納で除籍処分になるとどうなる?

学費滞納は除籍に。中退すらなくなる。

大学
大学の学費が支払えない場合、どこの大学でも学生課に相談すると、延納や分納が可能になることもあるので相談してみましょう。
大学によっては延納だけで分納には対応していない場合がありますが、それでも延納できると猶予があるため、支払えない状況では大きいはずです。

 

学費は、ほとんどの大学が年に2回で、春季と秋季に分かれています。
どちらの学費納入期限であっても、即座に退学や除籍とはなりませんが、再三の督促にもかかわらず支払わないでいると、退学や除籍の扱いになります。

 

退学は自主的な場合、除籍は主に学費未納や休学期間を過ぎても復学しない場合で、一般的に違う扱いとされています。
除籍では大学に存在したことが無かった扱いを受けるという説もあり、そうなると学費の滞納は、折角積み上げた学歴を失ってしまうことになりかねません。

 

 

しかし、除籍は大学の規則によって全く異なり、在学中ではないので学籍を失うのは仕方がないとして、多くの大学で記録自体が抹消されるほどではありません。
除籍後でも復籍や再入学を認めており、その際には履修済みの単位をどうするか規定があったり、教授会で決定したりとまちまちです。

 

奨学金の他に、大学独自の融資制度を利用

いずれにしろ、退学や除籍ではそれ以上大学生活を送ることができなくなるため、学費の未納は学生にとっても大きな問題です。
大学の場合には、わりと時間が自由に使えますから、親など援助してくれる人の事情が急変した時には、自分でアルバイトをして稼いだり、何とかしてお金を工面する方法を考えるしかありません。

 

一方で、奨学金制度の利用も、大学の学費で苦しくなった時に利用されます。
奨学金でも緊急を要する事情のために枠を確保しているので、諦めずに申請してみましょう。
更に、生活ができなくなるほどに緊急性が高い場合には、大学側で低利または無利息での短期貸付を行ってくれる場合もあります。

 

どのような方法を考えるにしても、最終的に学費を支払わなければ学業を続けることはできず、将来にとって大きなマイナスになってしまいます。

 

本業である学業がおろそかになってしまっては、大学に入った意味すら失われてしまうというものですから、どうしてもお金が用意できない時には、多少の覚悟を持ってでも在学を維持できるようにするべきです。
一生の間に受けるマイナスは、今受けるであろう小さな不利益に比べて量り知れません。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ