入院費 払えない

入院費が払えない。病院の支払いを放置するとどうなる?

後日精算でお金の用意ができない時どうすればいい?

病室
ケガや病気で入院する際、必要があるから入院するものですし、命に関わる症状ならとにかく救命してもらわなくてはなりません。

 

このとき、お金が無くても治療を受けたり入院したりすることはできます。
入院は医師の退院許可が下りるまでなので、入院の時点で固定の日数とならないために、基本的に入院が決まった時点でお金が発生することはありません。
例えば、診察を受けたり救急車で運ばれて、そのまま緊急入院になるとしても、医療費の精算は退院時か後日になります。

 

後日精算はともかく、退院時精算では退院時に一括して支払いますが、どうしてもお金の用意が出来ない場合はどうなるでしょう?

 

医療費負担を軽減する方法に高額療養費制度があり、事前に申請することで限度額適用認定証の発行を受ければ、精算時の自己負担金額は大幅に減ります。
それでも、少なからず自己負担が発生しますので、そのお金が用意できない場合を考えてみます。

 

病院から支払いの督促が来る。最悪差し押さえも

まず、病院側としても退院させないと次の患者の受け入れもできませんし、支払い能力のない人をそのまま置いてもおけないので、退院時精算であっても支払わずに退院することは可能です。

 

退院しても入院費を支払わずに放置していると、病院から督促状が届き、場合によっては職員が自宅や職場に訪問して回収に来ます。
また、病院が弁護士等に回収依頼すれば、法律事務所の名前で内容証明郵便の督促状が届くこともあります。

 

更にそのまま支払わないでいると、支払督促や訴訟といった法的な方法に発展する可能性があり、それも無視すると差し押さえが可能な強制執行が待ち構えています。
また、保証人を立てている場合には、法的手段の前に保証人に請求が、連帯保証人なら本人の支払い能力に関係無く請求されることだってあり得ます。

 

この段階まで来てしまうと、今後、その病院や系列の医療機関で診察を受けることに影響があるでしょう。
建前上は理由なく診察や治療を拒めないということになっていますが、入院費の滞納は、本当に病院が必要になった時に自分に跳ね返ってくるかもしれません。

 

分割の相談はできるが減額はできない

そこで、退院時には入院費について事務窓口にて相談することになります。
入院費のように高額になるほど支払えない事例は多いため、入院施設がある規模の病院なら相談を受けてくれるはずです。

 

その際、分割払いの相談をしたり、期日を決めて支払うという約束を取り交わすのですが、退院後の診察があるのなら、その時に持ってくると言えばそれでも大抵は通用します。
支払う意思があることを見せるのが大切で、きつい言い方でせまったところで払えないのは病院側もわかりきっているからです。
しかし、分割や一時的に支払いを猶予してもらっても、残念ながら減額に応じてはもらうのは不可能です。

 

こういった病院側とのやり取りが苦手、保証人へ迷惑を掛けられないという方は、一時的なお金の工面について良く考えてみましょう。たとえ高額であっても、高額療養費制度によってほとんどは還付されますから、数万円の負担を渋って、健康に関わる病院や保証人になってくれた親しい人との関係を悪化させるのは得策とは言えません。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ