給食費 払えない

給食費の滞納。払えないとどうなる?子供への影響はある?

給食費が払えない。滞納よりも生活そのものの見直しを

給食
給食費が支払えないとなると、一般に義務教育の給食費は数千円なので、生活そのものを見直さなければならないほどの局面を迎えているでしょう。

 

一時期とても話題になった給食費未納問題は、現在においても解決されてはいません。
しかし、支払えるのに支払わない親に対しては、行政側が提訴したり差し押さえの申し立てをするなどして、以前よりも強硬な手段を見せるようになってきました。

 

登校した児童に給食を食べさせない訳にもいかず、中には給食本来の目的であるバランスのとれた食事を、給食でしか受けられない子供もいる実状を考えると、やはり給食費を滞納したからといって、子供が給食を食べられないことにはなりません。

 

給食費を支払わないことでどう思われるかはさておき、実際に支払えない事情があるのであれば、自ら学校に相談するべきでしょう。
督促があって支払わないのは、給食費を踏み倒して問題とされる親たちと何ら変わらないことになってしまいます。

 

どうしても給食費が支払えないのなら、悪質ではないので当面は何かされるということは考えにくいですが、気を付けたいのは給食費を支払えないことで、子供が影響を受けないかという点です。

 

万一、未払いがばれるといじめの対象に

現在は、給食費も口座振替を採用している学校が多く、給食費を実費で集めるということは少なくなりました。
また、プライバシーの観点でも意識が向上し、どの子供が給食費を支払っていないというのは、職員から漏れるということも聞かなくなりました。

 

そのため、子供の間で給食費の未納について知っている可能性はとても低いのですが、仮に知られてしまうと思いがけずいじめに発展する可能性もあります。

 

特に小学生くらいの子供というのは非常に残酷で、家の事情など考慮せず、何でもネタにしていじめが始まります。
とても仲が良かった友達ですら、いじめに加担してしまうほど精神的に未成熟なのが義務教育の子供たちです。子供がいじめられていると知り、その原因が給食費にあったとしたらどう思うでしょうか?

 

それでなくとも、数千円を支払うことができないという事実を、多くの普通に生活している人達は理解してくれませんから、子供に関わる費用は無理をしてでも用意してあげたいところですね。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ