スマホ代 払えない

スマホ代が払えない。滞納すると意外なペナルティーもあることも

スマホ代滞納すると電話はただの機械になる

スマホ
スマホ代が払えないという人は、世代を問わず増えているのは確かです。

 

スマホ代は支払いを滞納すると、1ヶ月を待たずに止められます。口座振替にしていても払込票が届いたらそのサインとも言えますし、大抵はキャリア(契約した会社)から「利用停止のお知らせ」というような類のメールが届きます。
そして、猶予なく予告された日に止まって、通信端末ではなくただの端末になってしまいます。

 

その代わりといっては変ですが、支払った場合の復旧もすぐに行えます。もとから盗難や紛失のときに連絡すると直ちにロックして悪用を防止でき、見つかったと連絡すれば復旧できるように、通信の復旧が早いのは当然とも言えるでしょう。

 

問題なのは通話料よりも端末代金の未払い

今やスマートフォンなら、定額の範囲内でも1万円弱程度は掛かるほど高額になってきましたが、スマホ代が払えない時に最もダメージが大きいのは、機種代金を分割で支払っているときだと御存じでしょうか?

 

電話会社なので通信費の滞納かと思いきや、機種代金の分割料金が入っていると、ローン契約やクレジット契約における滞納と扱いが同じになります。
つまり、本人は通信費のつもりでも、実際には商品(本体)を買って、割賦販売契約や信用購入あっせん契約を結んでいます。

 

そうと気付かず滞納してしまうのは、割引サービスで機種代金が月々0円となっているだけではなく、同じ請求書に含まれているため事の重大さを全く意識しないからです。
次に料金明細が届いたら良く見てみましょう。機種代金は0円ではなく計上され、同額の割引があるので実質0円になっているだけです。

 

スマホ代が払えないとカードも作れなくなる

ローンやクレジットを滞納したらどうなるかは良く知られており、個人信用情報に傷が付いてブラックです。
数年間はローンを組めず、金融業者から借金ができず、クレジットカードも作れません。
そのことに対して通知もないですから、ある日、高額な商品を買おうとしたら、店からローンを断られるというハメに陥ります。

 

そんな落とし穴があることを知らずにスマホ代を滞納したのなら、お金を用意して今すぐに支払いましょう。
個人信用情報は後からお金をいくら積んでもきれいにはなりません。クレジットヒストリーという言葉がありますが、お金に関わる信用情報の履歴は即ち社会的な信用を表すことを考えると、機種代金を含んだ携帯代の滞納は命取りです。


ホーム RSS購読 サイトマップ